本文へジャンプ
 
宮城県丸森町 
キーワード検索
文字サイズ変更
文字を拡大する標準に戻す文字を縮小する
ホーム携帯サイトご意見・ご要望サイトマップアクセシビリティ指針
 
ホーム町民の皆さま観光・みどころまちづくり・町政役場各課のご案内防災・防犯
現在位置:ホームの中の町民の皆さまの中の分野別の中の年金・保険から国民健康保険制度と手続き
町の概要
広報まるもり
申請書ダウンロード
まちづくり座談会
定住支援
地域情報化
ふるさと納税

各施設のページ
丸森町議会

国民健康保険制度とは



日本の医療保険制度

 日本では、いざというときに安心して医療機関を受診できるように、すべての人がいずれかの医療保険に加入することになっています。これを「国民皆保険制度」といいます。
 市町村ごとに運営している国民健康保険も医療保険のひとつで、職場の健康保険に加入していない人にも医療を保障する大切な制度です。


国民健康保険運営のしくみ

 私たちの日常生活には、常に病気やケガの危険がつきまといます。国民健康保険は、万一病気やケガをしたときに安心して医療機関を受診できるよう、みんなで保険税(料)を出し合って助け合うという制度です。国民健康保険は、加入者が納める保険税(料)や国、地方自治体からの補助金によって事業を運営しています。




国民健康保険の手続き


国民健康保険に加入しなければならない人

 丸森町に住所登録がある人で、次に該当しない人は必ず丸森町の国民健康保険に加入しなければなりません。
 また、外国籍の人で1年以上の在留期間を有し、丸森町に外国人登録をしている人も同じです。
 
 1.後期高齢者医療制度の被保険者
 2.健康保険(政府管掌健康保険、組合管掌健康保険)、船員保険の被保険者とその被扶養者
 3.公務員など共済組合員とその被扶養者
 4.国民健康保険組合の被保険者
 5.生活保護を受けている人




 

このようなときには届出を

 次のようなことがあった場合は、14日以内に国保担当窓口に届出をしてください。

 できごと提出に必要なもの






職場の健康保険をやめたとき健康保険資格喪失証明書、印鑑
子どもが生まれたとき母子手帳、印鑑
生活保護を受けなくなったとき保護廃止決定通知書、印鑑
外国籍の人が加入するとき外国人登録証明書、印鑑(持っている場合)
65歳以上75歳未満の人で後期高齢者医療制度の障害認定を撤回したとき後期高齢者医療制度の資格喪失証明書、印鑑







ほかの市町村に転出するとき保険証、印鑑
職場の健康保険に加入したとき国保保険証、職場の健康保険証、印鑑
国保被保険者が死亡したとき保険証、印鑑
生活保護を受け始めたとき保護開始決定通知書、保険証、印鑑
外国籍の人がやめるとき外国人登録証明書、保険証、印鑑(持っている場合)、他の保険に加入した場合はその保険証
65歳以上75歳未満の人で後期高齢者医療制度の障害認定を受けたとき後期高齢者医療被保険者証、印鑑


退職者医療制度の対象になったとき年金証書、保険証、印鑑
町内で住所が変わったとき保険証、印鑑
世帯主や氏名が変わったとき
世帯が分かれたり、一緒になったりしたとき
就学のため、住所を別にするとき在学証明書、保険証、印鑑
保険証をなくしたとき印鑑




被保険者証

 国民健康保険に加入すると、加入者1人に1枚の保険証が交付されます。
 保険給付を受けられる人(被保険者)の名前は氏名欄に記載されています。記載内容に間違いがないか確認してください。
 保険証は、国民健康保険に加入していることを証明するとともに、保険診療を受ける際の証明書となりますので、大切に取り扱ってください。

○保険証の有効期限は・・・毎年9月30日です。(75歳で後期高齢者制度に移行する方は誕生日の前
                日まで。)更新後の保険証は郵送でお届けします。
  


 

高齢受給者証

 70~75歳未満の人の一部負担金割合は所得に応じて異なります。この一部負担金割合を確認するための証が「高齢受給者証」です。
 この受給者証は、70歳の誕生月(ただし、1日生まれの人はその前月)に町から郵送します。受給者証を使用できるのは、誕生月の翌月1日(ただし、1日生まれの人は誕生月の1日)からです。
 医療機関を受診するときは、保険証とともに提示してください。

○高齢受給者証の有効期限は・・・毎年7月31日です。(75歳で後期高齢者医療制度に移行する方
                     は誕生日の前日まで。)更新後の高齢受給者証は郵送でお届け
                     します。
○一部負担金の割合は・・・・・・・・・一般の人は2割(ただし、平成24年3月31日までは1割)、現役並
                     み所得者は3割


■現役並み所得者とは?
 同一世帯に住民税課税所得が145万円以上である70歳以上の国保加入者がいる人。ただし、次のいずれかに該当するときは、申請により一部負担金の割合が2割(平成24年3月31日までは1割)になります。

○同一世帯に70歳以上の国保加入者が1人で、その人の収入額が383万円未満である。
○同一世帯に70歳以上の国保加入者が1人で、その人の収入額が383万円以上の場合で、同一
 世帯の国保か、後期高齢者医療制度に該当する人との合計収入額が520万円未満である。
○同一世帯に70歳以上の国保加入者が2人以上で、その人の合計収入額が520万円未満である。
   

お問合せ:保健福祉課 国保医療班
       電話番号 0224-72-3014
       Fax番号  0224-87-7189
       E-mail  kokuho@town.marumori.miyagi.jp
 
水とみどりの輝くまち―丸森町前のページへ戻るページの先頭へ
 
プライバシーポリシー窓口案内・受付時間地図・交通アクセスリンク集ホームページに対するご感想など
 
丸森町役場
〒981-2192 宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120番地 TEL 0224-72-2111(代)
Copyright© MARUMORI TOWN. All Rights Reserved.