本文へジャンプ
 
宮城県丸森町 
キーワード検索
文字サイズ変更
文字を拡大する標準に戻す文字を縮小する
ホーム携帯サイトご意見・ご要望サイトマップアクセシビリティ指針
 
ホーム町民の皆さま観光・みどころまちづくり・町政役場各課のご案内防災・防犯
現在位置:ホームの中の町民の皆さまの中の分野別の中の年金・保険から後期高齢者医療制度について
町の概要
広報まるもり
申請書ダウンロード
まちづくり座談会
定住支援
地域情報化
ふるさと納税

各施設のページ
丸森町議会

後期高齢者医療制度について

■後期高齢者医療保険

 平成20年4月1日からこれまでの老人保険制度に代わり新しく始まった、75歳以上の方と、一定の障害のある65歳以上の方を対象とした医療制度です。
  75歳以上の方は、75歳になる誕生日から、これまで加入していた国民健康保険や社会保険といった健康保険を脱退して後期高齢者医療制度という独立した新しい医療保険に加入して医療を受けていただくことになります。
 後期高齢者医療保険は、都道府県ごとに設置された広域連合が制度を運営し、窓口業務は、市町村が行います。



■対象となる方(被保険者)

 ○ 75歳以上の方(75歳の誕生日から加入。手続きは必要ありません。)
 ○ 65歳以上74歳以下の方で一定の障害がある方(申請して広域連合から認定を受けることが必要です。)
   ※一定の障害のある方とは
    ・ 身体障害者手帳の1級から3級と4級の一部の方。
    ・ 養育手帳A(重度)の方。
    ・ 精神障害者保健福祉手帳の1,2級の方。
    ・ 国民年金などの障害年金1,2級を受給している方。



■保険証(被保険者証)

 ○ 被保険者一人ひとりに交付します。
 ○ 保険証は8月に毎年更新されます。
 ○ 75歳の誕生日当日から対象になります。届け出は必要ありません。75歳の誕生日までに保険証が交付されます。
 ○ 紛失したときや、汚したときは再交付しますので、保険企画班で手続きしてください。



■医療費負担割合

 病院などの医療機関の窓口で支払う自己負担金の割合は、一般のかたは1割、現役並み所得者は3割となります。負担割合は保険証に記載されていますので、忘れずに窓口へ提示してください。
 現役並み所得者(3割負担)とは、住民税の課税所得が145万円以上の被保険者とその方と同一世帯にいる被保険者の方です。ただし、収入の額により1割負担になる場合もありますので保険企画班にお問合わせください。



高額療養費について

■高額療養費

 1カ月(同じ月内)の医療費の自己負担額が限度額を超えたとき、超えた額が高額療養費として支給されます。

 
*自己負担限度額(月額)
所得区分外来
(個人単位)
外来+入院(世帯単位)
現役並み
所 得 者
44,400円80,100円+[(実際にかかった医療費-267,000円)×1%]
一般12,000円44,400円
低所得Ⅱ 8,000円24,600円
低所得Ⅰ 8,000円15,000円

 ※12ケ月以内に4回以上高額医療費の支給を受ける場合は4回目からの限度額は44,400円に軽減されます。



■低所得Ⅰ・Ⅱとは

 ○ 低所得Ⅰとは、世帯全員が住民税非課税であり、世帯全員の所得が0円の方(公的年金収入のみの場合、その受給額が80万円以下)が適用されます。
 ○ 低所得Ⅱとは、世帯全員が住民税非課税である方に適用されます。



入院したときの食事代など

■入院した時の食事代など

 入院したときは、医療費の自己負担額のほかに、食事代などの一部(標準負担額)を自己負担します。


■住民税非課税世帯(低所得Ⅰ・Ⅱ)で入院される方

 低所得Ⅰ・Ⅱの方は、入院時の医療費及び食事負担が軽減されます「限度額適用・標準負担額認定証」を交付しますので町の窓口に申請してください。

*入院時食事代の標準負担額

所得区分(適用区分)
1食あたりの食事代
現役並み所得者

一  般
260円
低所得Ⅱ

[90日までの入院]
210円
低所得Ⅱ
[過去12ケ月(区分Ⅱの減額認定を受けて
いる期間に限る)で90日を超える入院]
160円

低所得Ⅰ
100円

※再度、申請が必要となりますので、詳しくは保険企画班までお問い合わせください。


*療養病床に入院する場合

所得区分(適用区分)
1食あたりの食費1日あたりの居住費
現役並み所得者

一般

 460円
   
320円

低所得Ⅱ
210円320円

低所得Ⅰ
130円320円
低所得Ⅰ

(老齢福祉年金受給者)
100円  0円

※一部医療機関では420円。


交通事故などにあったとき

 交通事故などにより負ったケガ(第三者行為)の治療費は、原則として加害者が負担すべきものですが、宮城県後期高齢者医療広域連合に申請することによって、後期高齢者医療制度で治療が受けられます。この場合、後期高齢者医療制度が医療費を立て替え、あとで加害者に費用を請求することになります。
 ただし、加害者から治療費を受け取ったり示談を済ませたりすると後期高齢者医療制度が使えなくなることがありますので、示談の前に必ずご相談ください。


特定疾病療養受療証について

 厚生労働大臣が指定する下記の疾病に該当する方は、申請をして「特定疾病療養受療証」の認定を受けると、入院・外来ともに一部負担金の限度額が月額1万円までになります。申請は保険企画班で手続きください。

 ○ 人工透析が必要な慢性腎不全の方
 ○ 先天性血液凝固因子障害の一部の方
 ○ 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症の方


療養費等について

■医療費の払い戻しについて

 次のような場合は、いったん医療機関等に医療費を支払ったあとで、丸森町に申請書を提出するとその費用のうち負担割合等に応じ、後期高齢者医療広域連合から医療費の払い戻しが受けられます。

○ 保険証を提示しないで医療機関にかかったとき
 所定の申請書に、支払った医療費の領収書と受診した医療機関の診療報酬明細書を添えて申請してください。

○ 治療用装具(コルセット)などのお金を支払ったとき
 医師が治療上必要と認め、コルセットなどを作ったときは、医師の診断書と領収書を添えて申請してください。一部負担金を除いた額が払い戻しされます。

○ 高額療養費の支給(該当者には申請書が送付されます)
 該当する方には診療月の3から4ケ月後に広域連合から通知をします。



■申請に必要なもの

 申請に必要ですので、以下のものをあわせてお持ちください。
 ○ 後期高齢者医療被保険者証
 ○ 領収書
 ○ 印鑑
 ○ 被保険者名義の預金通帳
 ○ その他
  ・ 振込み先の口座名義人が被保険者と異なる場合には、「委任状」の提出が必要です。



葬祭費について

 被保険者が亡くなった場合、葬祭を行った方に5万円が支給されます。該当される方は申請が必要です。

 ○ 申請に必要なもの
  ・ 印鑑
  ・ 葬祭を執り行ったことがわかるもの(領収書・会葬礼状など
  ・ 預金通帳(葬祭執行者の口座)

  ○ 申請場所
   丸森町役場 保健福祉課 国保医療班

 ※ 郵送による申請を希望される方は、国保医療班までご連絡ください。


さらに詳しい内容などは


 保健福祉課 国保医療班 0224-72-3014
  
           または

 宮城県後期高齢者医療広域連合(外部サイト) へお

        お問い合わせください

 
水とみどりの輝くまち―丸森町前のページへ戻るページの先頭へ
 
プライバシーポリシー窓口案内・受付時間地図・交通アクセスリンク集ホームページに対するご感想など
 
丸森町役場
〒981-2192 宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120番地 TEL 0224-72-2111(代)
Copyright© MARUMORI TOWN. All Rights Reserved.