本文へジャンプ
 
宮城県丸森町 
キーワード検索
文字サイズ変更
文字を拡大する標準に戻す文字を縮小する
ホーム携帯サイトご意見・ご要望サイトマップアクセシビリティ指針
 
ホーム町民の皆さま観光・みどころまちづくり・町政役場各課のご案内防災・防犯
現在位置:ホームの中の役場各課のご案内の中の保健福祉課から甲状腺検査(第2回目)の結果について
町の概要
広報まるもり
申請書ダウンロード
まちづくり座談会
定住支援
地域情報化
ふるさと納税

各施設のページ
丸森町議会
 

甲状腺検査(第2回目)の結果をお知らせします。

  東京電力福島第一原子力発電所事故の放射線による健康への影響について、甲状腺の状態を把握することで健康への不安を払拭する一助として、事故当時18歳以下の子ども等を対象に、平成27年7月から平成28年4月まで実施した甲状腺検査(第2回目)の結果をお知らせします。

 

1 検査の内容  医師による超音波診断装置を使用した検査

2 検査対象者  2,323人

3 検査希望者  1,686人(検査対象者の72.6%)

4 検査実施者  1,564人(検査希望者の 92.1%)

5 検査の結果

 
区  分内  容説      明該当者数 合
 異常なし①所見なし「のう胞」又は「結節(しこり)」が認められなかった者1,314人84.0%
②経過観察「のう胞」が認められたものの、再検査や治療の必要がない者239人15.3%
 



1,553人99.3%
異常あり③要精密検査「結節(しこり)」が認められ、継続した検査を勧める者11人0.7%


   ※「のう胞」・・・液体が入った袋状のもの

   ※「結節(しこり)」・・・部分的に腫れ(しこり)がある状態

   ※③の要精密検査11人のうち、甲状腺がんと診断された者は1人、がんの疑い1

                                      (平成2862日現在)

 

甲状腺とは?

甲状腺は、首の「のどぼとけ」の下にある、蝶が羽を広げたような形の10gほどの臓器

です。正常な場合は外から触れることができません。

おもに成長、発育や新陳代謝に関係するホルモンを作っています。

 

甲状腺結節(しこり)について

放射線の影響がない場合でも、小児では、超音波検査で5~6%程度の方に甲状腺結節

(しこり)があるといわれています。そして、そのほとんどは、良性のものです。

がんであった場合でも、甲状腺がんの90%以上は、乳頭がんとよばれる生命予後が

良いもので、適切な治療を受ければあまり心配はないと考えられています。

 

甲状腺がんの特徴や症状は?

性別では女性に、年代では、30代・40代・50代に多くみられます。進行がゆっくりで、

特に若い方ほど経過が良いのが特徴です。

痛みや違和感等はなく、鏡を見たり何気なく触って「腫れ」や「しこり」に気づいたり、健診

等で指摘されることが多く、ごく初期の小さながんでは自覚症状はほとんどありません。

 

そのほかの甲状腺の病気には・・・
 
 甲状腺ホルモンが増加する「バセドウ病(甲状腺機能亢進症)」、甲状腺ホルモンが

減少する「橋本病(甲状腺機能低下症)」などがあります。

 

◎今後の甲状腺検査(超音波検査)予定

 平成30年度に、第3回目の甲状腺超音波検査を実施する予定です。

 日程などが決まりましたら、事故当時18歳以下だった方に個別に通知するほか

 ホームページ等でお知らせをします。「元気で、なんともないから・・」と思う方や

 町外にお住まいになった方も、検査を受けられるようお勧めします。


部署: 保健福祉課保健予防班
住所: 宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120
電話番号: 0224-72-3019
 
水とみどりの輝くまち―丸森町前のページへ戻るページの先頭へ
 
プライバシーポリシー窓口案内・受付時間地図・交通アクセスリンク集ホームページに対するご感想など
 
丸森町役場
〒981-2192 宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120番地 TEL 0224-72-2111(代)
Copyright© MARUMORI TOWN. All Rights Reserved.