○丸森町復興支援員設置要綱

平成25年3月26日

告示第14号

(設置)

第1条 東日本大震災からの復興の基本方針(平成23年7月29日東日本大震災復興対策本部決定)に基づき、地域力の維持活性化及び東日本大震災からの地域コミュニティの再構築を図るため、丸森町復興支援員(以下「復興支援員」という。)を設置する。

(復興支援員の職務)

第2条 復興支援員は、次の業務に従事するものとする。

(1) 住民の生活支援に関すること。

(2) 住民の見守り支援に関すること。

(3) 地域おこしに関すること。

(4) 地域コミュニティ支援に関すること。

(5) 地域資源の発掘及び振興に関すること。

(6) 農林業の振興に関すること。

(7) 地域の情報収集及び情報提供に関すること。

(8) 前各号に掲げるもののほか地域力の維持活性化に資するために必要と認められること。

(復興支援員の要件)

第3条 復興支援員の要件は、次のとおりとする。

(1) 第2条に規定する復興支援員の業務の遂行に必要な知識及び技能を有している者

(2) 心身が健康で、かつ、地域協力活動に意欲を持って職務を遂行すると認められる者

(業務の委託)

第4条 町は、復興支援員の募集並びに活動のための支援及び地域協力活動の調整並びに支援を行うことができると認められる団体(以下「支援団体」という。)に、次に掲げる業務を委託することができる。

(1) 復興支援員の活動計画の策定

(2) 復興支援員の募集及び選考

(3) 復興支援員の活動の支援及び管理

(4) 復興支援員の活動状況及びその成果等の情報発信

(5) 復興支援員の生活支援

(6) その他町長が必要と認める業務

(復興支援員の委嘱)

第5条 支援団体は、第4条第2号に定める復興支援員候補者の選考を行ったときは、その結果を遅滞なく町長に報告しなければならない。

2 町長は、支援団体から報告のあった復興支援員候補者のうち復興支援員にふさわしいと認めた者を、復興支援員に決定し委嘱するものとする。

3 復興支援員の委嘱期間は、原則として1年間とし、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。ただし、期間の途中に委嘱するときは、委嘱の日から委嘱の日の属する年度の終了する日までとする。

4 町長は、前項の規定にかかわらず、5年を限度として委嘱期間を延長することができる。

5 町長は、第2項の委嘱を行ったときは、支援団体に通知するものとする。

(報償)

第6条 復興支援員の報償の額は、予算の範囲内において町長が別に定める額とする。

(報告等)

第7条 復興支援員は、活動内容について、丸森町復興支援員業務日誌(様式第1号)に記録し、活動を行った日の属する月の翌月5日までに町長に提出しなければならない。

2 復興支援員は、1月ごとに活動の状況等を丸森町復興支援員活動状況報告書(様式第2号)により報告するものとする。

(委嘱の取り消し)

第8条 町長は、復興支援員が次の各号のいずれかに該当したときは、委嘱を取り消すことができる。

(1) 復興支援員から辞任の申し出があったとき。

(2) 復興支援員としてふさわしくない行為があったとき。

(3) 傷病等により復興支援員の活動が継続できないとき。

(4) 復興支援員に活動を継続する意思が認められないとき。

(秘密の保持)

第9条 復興支援員は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。委嘱期間が満了した後も、同様とする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、復興支援員の設置に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

丸森町復興支援員設置要綱

平成25年3月26日 告示第14号

(平成25年4月1日施行)