本文へジャンプ
 
宮城県丸森町 
キーワード検索
文字サイズ変更
文字を拡大する標準に戻す文字を縮小する
ホーム携帯サイトご意見・ご要望サイトマップアクセシビリティ指針
 
ホーム町民の皆さま観光・みどころまちづくり・町政役場各課のご案内防災・防犯
現在位置:ホームの中の役場各課のご案内の中の小中学校の中の金山小学校から金山小の宝物
町の概要
広報まるもり
申請書ダウンロード
まちづくり座談会
定住支援
地域情報化
ふるさと納税

各施設のページ
丸森町議会
 
 
 
 
 
 
 
 

金山小の宝物

青い目の人形
青い目の人形「ローズマリー」 青い目の人形とは,1927(昭和2)年に日米親善のために米国から贈られた友情人形のことです。米国人ギューリック博士が全米に呼びかけ,日本の子どもたちに「平和の使者」として12,739体が贈られました。また,日本からも答礼人形として,58体の市松人形が米国に贈られました。宮城県からは「ミス宮城」を贈りました。
 しかし,1941(昭和16)年日米開戦により,人形は「憎き敵」となり大部分が焼却されてしまいました。このとき,迫害から密かに人形を守った人たちがいます。そのおかげで,全国で約300体,宮城県では8体の存在が確認されています。上沼小,米谷小,桃生小,広淵保育所,川渡小,三本木小,村田第四小,金山図書館で保存されていました。
 現在,金山小学校にある人形は,金山図書館にあったものを修復し,平成16年1月に贈呈された“ローズマリー”です。
 なお,右側の人形は,青い目の人形が現存している学校に,現在市松人形を所持しているマーガレット・コルベットさんから贈られたもので,平成16年5月に,宮城県の青い目の人形を調査する会から届けられた“ジェーン・マリー”です。
JRC活動
JRCの旗 JRC活動とは,青少年赤十字活動のことです。
 金山小学校は,大正13年9月4日加盟で,宮城県では下増田小に続いて2番目の加盟でした。
 活動は,児童会活動の中に組み入れ,オアシス運動,募金活動,クリーン活動などを,JRC委員会が中心となり,全校で行っています。
竹馬運動会
竹馬運動会の様子(「グラフみやぎ」表紙) 毎年1月に竹馬運動会を行なっています。
昭和47(1972)年1月に,冬の体力づくりを目指して始まり,40年以上続いている伝統行事です。
 ただ竹馬に乗るのではなく,サッカー・クロスカントリー・リレーなど学年に応じて様々な競技があります。竹馬は子どもたちの足となり,自由自在に操られます。
 当時,新聞や雑誌,テレビなどで紹介され有名になりました。先日も,NHK教育テレビの“天才てれびくんMAX”の戦士たちと竹馬サッカーをやり,近く放映されました。
 下の写真は,昭和53年2月発行の“グラフみやぎ”の表紙を飾った竹馬運動会の様子です。
大槻博士の顕微鏡
大槻博士の顕微鏡 金山出身の医学博士・大槻正路先生が昭和30年頃まで診療に使っていた,ライツ製顕微鏡です。平成14年,大槻道夫様から寄贈していただいたものです。
 大槻博士は,医学博士・慶大教授で東京で病院経営をされていました。在京金山会の設立者であり,校歌の寄贈者でもあります。
 金山小学校137回目の開校記念日を機に、金山まちづくりセンターから槻正路先生に関する資料(593kbyte)pdf頂いたきました(2009年8月31日)。




 
水とみどりの輝くまち―丸森町前のページへ戻るページの先頭へ
 
プライバシーポリシー窓口案内・受付時間地図・交通アクセスリンク集ホームページに対するご感想など
 
丸森町役場
〒981-2192 宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120番地 TEL 0224-72-2111(代)
Copyright© MARUMORI TOWN. All Rights Reserved.