本文へジャンプ
 
宮城県丸森町 
キーワード検索
文字サイズ変更
文字を拡大する標準に戻す文字を縮小する
ホーム携帯サイトご意見・ご要望サイトマップアクセシビリティ指針
 
ホーム町民の皆さま観光・みどころまちづくり・町政役場各課のご案内防災・防犯
現在位置:ホームの中の役場各課のご案内の中の小中学校の中の金山小学校から地域紹介
町の概要
広報まるもり
申請書ダウンロード
まちづくり座談会
定住支援
地域情報化
ふるさと納税

各施設のページ
丸森町議会
 
 
 
 
 
 
 
 

地域案内

金山
金山城址からの風景 金山小学校のある金山地区は,明治30(1897)年2月町制を施行し昭和29(1954)年,町村合併により丸森町となりました。
佐野製糸場
佐野製糸場跡 佐野製糸場は,明治19(1886)年7月に操業を開始した,宮城県で最初の本格的機械製糸工場です。
 昭和12(1937)年に完全に操業を停止するまで,さまざまな影響を与えたが,現在では下のような石垣が残るだけとなっている。
台町古墳群
女性埴輪像 金山と丸森に境する阿武隈川右岸台町一体の台地に,200基を越える古墳が群集しています。
 鏡,玉類,直刀のほかに,壺を捧げる女性埴輪像(左の写真)など,貴重な出土品が知られています。
金山城 城壁
金山城跡の城壁 金山城は,標高117mの山城で,別称として寝牛城,臥牛城の名があり,一般には「お舘山」の名で親しまれています。
 築城は1564年とされ,地方の帰属をめぐって伊達と相馬が死闘を繰り広げた場所です。
 現在でも残っている左の石垣は,1588年頃に築かれたものとみられ,打込みはぎ工法で作られており,このような形式の石垣で現存するのは,全国でも2~3しかないとされています。
白鳥の飛来地
新堤の風景 町の東側に小さな沼があります。“新堤”という沼で,毎年渡り鳥が飛来し,羽根を休めています。
 ここは,蔵王三十六景の一つとされ,天気がよければ雄大な蔵王を望むことができます。




 
水とみどりの輝くまち―丸森町前のページへ戻るページの先頭へ
 
プライバシーポリシー窓口案内・受付時間地図・交通アクセスリンク集ホームページに対するご感想など
 
丸森町役場
〒981-2192 宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120番地 TEL 0224-72-2111(代)
Copyright© MARUMORI TOWN. All Rights Reserved.