本文へジャンプ
 
宮城県丸森町 
キーワード検索
文字サイズ変更
文字を拡大する標準に戻す文字を縮小する
ホーム携帯サイトご意見・ご要望サイトマップアクセシビリティ指針
 
ホーム町民の皆さま観光・みどころまちづくり・町政役場各課のご案内防災・防犯
現在位置:ホームの中の防災・防犯の中の防災から町の防災体制
町の概要
広報まるもり
申請書ダウンロード
まちづくり座談会
定住支援
地域情報化
ふるさと納税

各施設のページ
丸森町議会

町の防災体制

 大規模災害が発生した場合、町内の広い範囲で住民の生命、財産に被害を及ぼすおそれがあります。町では防災関係機関と連携し、災害応急対策を実施するため又は災害応急対策に備えるために、迅速かつ的確な配備体制を構築して防災活動を行います。

職員の配備体制と配備基準

1.災害対策本部
 町長は、町内で相当規模以上の災害が発生した場合、「災害対策本部」を設置し、非常配備体制を整えます。

2.特別警戒本部
 
 副町長は、町内で相当規模以上の災害の発生が予想される場合、「特別警戒本部」を設置し、特別警戒配備体制を整えます。

3.警戒本部

 総務課長は、大雨、洪水等の注意報、警報が発表され、災害の発生が予想される場合、「警戒本部」を設置し、警戒配備体制を整えます。



 
項 目警戒配備特別警戒配備非常配備
非常配備(1号)非常配備(2号)
配 備



基 準
1.大雨、洪水等の注意報、警報が発表され、災害の発生が予想されるとき。

2.その他特に総務課長が必要と認めたとき。

 

1.台風による災害が予想されるとき。

2.大雨、洪水等の警報が発表され、広範囲にわたる災害の発生が予想されるとき又は被害が発生したとき。

3.その他災害の規模等の状況により、副町長が必要と認めたとき。

1.台風による広範囲かつ大規模な災害の発生が予想されるとき。

2.大雨、洪水等の警報が発表され、広範囲かつ大規模な災害の発生が予想されるとき又は広範囲にわたる被害が発生したとき。

3.宮城県土砂災害警戒情報が発令されたとき。

4.その他災害の規模等の状況により、町長が必要と認めたとき。
1.災害が発生し、又は災害が発生するおそれがある場合において町長が必要と認めたとき。
配 備


内 容
1.警戒本部を設置する。

2.被害情報の収集、緊急応急活動を速やかに実施できる体制とする。

1.特別警戒本部を設置する。

2.被害情報の収集、緊急応急活動を速やかに実施できる体制とする。

1.災害対策本部を設置する。

2.被害情報の収集、局地的災害の緊急応急活動を速やかに実施できる体制とする。
1.災害対策本部を設置する。

2.被害情報の収集、救助活動、広報活動等の緊急応急活動を速やかに実施できる体制とする。
 
水とみどりの輝くまち―丸森町前のページへ戻るページの先頭へ
 
プライバシーポリシー窓口案内・受付時間地図・交通アクセスリンク集このホームページについて
 
丸森町役場
〒981-2192 宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120番地 TEL 0224-72-2111(代)
Copyright© MARUMORI TOWN. All Rights Reserved.