2022年08月12日新型コロナウイルス関連情報

twitter facebook

高齢者肺炎球菌ワクチンの定期予防接種

 肺炎球菌感染症は、肺炎球菌という細菌の感染によって引き起こされる病気で、特に高齢者が感染すると重症化すると言われています。町では、これまで高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことが無い方を対象に、接種費用の助成を行っています。
 ※予防接種を受ける前に高齢者肺炎球菌予防接種の効果や副反応等をよく理解し、医師とよく相談した上で接種をご検討ください。

定期予防接種対象者(令和5年3月31日までの対象者)

 令和4年度の対象者は、下記①②に該当する方で、これまでに高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種を受けたことがない方が対象です。

① 令和4年度中(令和4年4月1日~令和5年3月31日まで)に下記年齢に該当する方                 
  ・ 65歳 (昭和32年4月2日 ~ 昭和33年4月1日生まれ)
  ・ 70歳 (昭和27年4月2日 ~ 昭和28年4月1日生まれ)
  ・ 75歳 (昭和22年4月2日 ~ 昭和23年4月1日生まれ)
  ・ 80歳 (昭和17年4月2日 ~ 昭和18年4月1日生まれ)
  ・ 85歳 (昭和12年4月2日 ~ 昭和13年4月1日生まれ)
  ・ 90歳 (昭和 7年4月2日 ~ 昭和 8年4月1日生まれ)
  ・ 95歳 (昭和 2年4月2日 ~ 昭和 3年4月1日生まれ)
  ・100歳(大正11年4月2日 ~ 大正12年4月1日生まれ)

② 接種日に60歳~65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能に障害がある方
  またはヒト免疫不全ウイルスによる障害がある方(障害者手帳1級程度)

接種費用や予約手続きなど

【接種費用】
 5,100円(生活保護世帯の方は無料)
 ※助成なしで接種した場合は8,500円程度費用がかかります。

【事前予約のお願い】
 ・接種の際は、医療機関へ事前に予約をしてください。

【予診票】
 ・予診票は町内の医療機関に備えてあります。
 ・町外の医療機関(県内)で接種を希望する方には、予診票をお渡ししますので、下記までご連絡
  ください。

予防接種の効果や副反応等の詳細については、下記の説明書をご覧ください。

新型コロナウイルスワクチン接種を受けた後に他のワクチンを接種する場合は、前後2週間の間隔を空ける必要があります。接種の予約の際は、接種間隔にご注意ください。

問合せ先
保健福祉課 保健予防班(保健センター内)
TEL:0224-72-3019