2022年06月28日新型コロナウイルス関連情報

twitter facebook

見守りQRコード活用事業

 道に迷った認知症の方が早期に自宅に戻れるよう、個人情報を守りながら身元を特定できる「QRコード」を交付しています。
 QRコードは、杖や靴、ベルトや帽子などの持ち物に張り付けることができます。

ベルト(例)
帽子(例)

利用できる方

 町内在住で、認知症の症状がある65歳以上の方

利用料金

 無料(QRコードシート1枚(大小36個入り))
  ※シートとアイロンプリントのどちらかを選択
  ※追加で必要な場合は、追加料金1枚1,100円が必要です。

申請方法

 利用申請書に記入のうえ、丸森よりそいセンター(丸森町地域包括支援センター)へ申請してください。
 申請の際に、QRコードシートのタイプをシールかアイロンのどちらかを選択します。

QRコードを身につけたお困りの高齢者を発見した場合

QRコード読み取り

①衣服・持ち物等に張り付けているQRコードをスマートフォンなどで読み取ります。

②QRコードを読み取ると、画面に利用者IDが表示されます。同じ画面に表示されている受信センターに電話をして、利用者IDを伝えてください。

※QRコードが読み取れない場合は、QRコードの下に「れんらく先」として警察署の電話番号が記載されていますので、警察署へ連絡してください。

QRコードを身につけた高齢者の方を保護された場合には、早期の身元確認のためのご協力をよろしくお願いいたします

問い合わせ先:丸森よりそいセンター(丸森町地域包括支援センター)
 担当:保健福祉課地域包括支援班
 電話:0224-72-3023
 FAX:0224-87-7189
 メール:tiiki@town.marumori.miyagi.jp