2022年07月06日新型コロナウイルス関連情報

twitter facebook

伊達政宗書状

展示資料紹介:伊達政宗書状

伊達政宗書状

 現在、まるもりふるさと館では、仙台藩祖・伊達政宗が肥前名護屋(現在の佐賀県)から金山城主・中島氏へ宛てた書状を展示しております。

 天下統一を果たした豊臣秀吉は、肥前名護屋城を本陣として、多くの大名を集めて朝鮮へ派兵し、中国大陸を手中に収めようとしました(文禄の役)。
 一時は日本側が優勢でしたが、長引く戦いで食料の確保が困難になったこと、戦況がこう着状態に陥ってしまったことから和議を結ぶことになりました(のちにその和議は破られ、慶長の役が起こります)。

 政宗も肥前名護屋に招集されており、この書状を通して、和議によって秀吉の機嫌がよいということや、名護屋での長期滞在も酒宴や行楽が日々催されているので退屈はしていないという近況を、中島氏に報告したようです。